投稿

固いインソールと柔らかいインソール

イメージ
インソールを多く試したことがある方はご存知かもしれません。インソールには固いものと柔らかいものがあります。

どちらが優れているかは、自分自身で試さなければわからないと思いますが、私は柔らかいインソールをお勧めします。それはなぜなのか?


ここでいう柔らかさはクッション性の話ではありません。あくまでも、インソール自体の固さの話です。

私はものすごく偏平足なのですが、一昔前に足に合わせてオーダーでインソールを作ったことがあります。その時には足の不具合としては「長時間スポーツをしていると膝が痛くなった」という症状です。

そこで作成したインソールは「固い素材」でできていました。これは全身がそのインソールに乗った時に変形してしまわないように工夫された固さなのだと思いました。

しかし!!

元々偏平足があった私にとってはその固さが痛さになってしまったのです。

固い矯正用のインソールは馴染むまでにかなりの痛みを伴うことがあります。スノボシーズンではそのインソールを履くのですが、シーズン初めの3回ぐらいは足裏の激痛に耐えなければなりませんでした。ただ、足裏は痛いのですが、膝に関しては全く痛みが出ないのです。

元々、膝の痛みが出ないようにインソールを作ったのですが、今度は足裏の強烈な痛みに耐えなければならない状況に…まぁ、数回の我慢なのですが…

そこで、ほかのメーカーも色々探してみて出会ったのがフォームソティックス・メディカルでした。このインソールは持った瞬間に「軽い」「柔らかい」と感じたので試してみたところ…

足裏は痛くない!!

ほどよい固さで、足裏にかかっていた負担がかなり軽減されました。また、膝の痛みも軽減できてる!これはすごい…


と、思って調子に乗っていきなり1日中履いていたところ。。。。



翌日。。。。



腰が痛い!!!



それはそうなんです。このフォームソティックス・メディカルは矯正力が非常に高いため、体全体のバランスが一気に変わるのです。私は腰が痛くなる時は左側に出ることが多いのですが、今回は普段痛みが出ない右側が痛い…かなり痛い…汗

フォームソティックス・メディカルを当院で処方するときには必ず「慣らし期間」を守って使用してもらうようにしっかりと説明します。まぁ、人体実験的に慣らし期間を飛ばした結果が体感できたのは大きかったと思います。みなさんはマネしないようにしてください。…

偏平足

イメージ
偏平足(へんぺいそく)は足の土踏まずが狭い、または無い状態を指します。この症状の原因は何なのでしょうか? 偏平足には成人型と幼児型があります。小児期からなっているものに関してはさほど問題はないのですが、成人になってから出ている場合は注意が必要です。

原因
中年以降の女性や肥満型の人に多いと言われますが、全年齢で可能性はあります。多くの場合がサイズの合っていない靴を履き続けた結果、足裏のアーチ構造が崩れてなってしまうパターンが多いです。

どの競技の靴もそうなのですが、なぜか初心者向けシューズは幅広が多いのです。日本人体系の人で幅広タイプしか合わないと感じている場合はそれは偏平足か、そこまでいっていなくても足のアーチ形状が崩れている可能性があります。



後脛骨筋(こうけいこつきん)という筋肉がアーチを吊り上げる役割をしているのですが、その後脛骨筋が何らかの理由で機能が低下してしまい、アーチを保持できない状態になるケースがあります。

筋肉は持続的な伸長を加えていると筋力低下が起こります。要は伸ばされっぱなしの筋肉は筋力が落ちてしまうということ。これは体全体のどの筋肉にでも起こりえます。



■アーチサポートのみでは偏平足の症状は改善しない

偏平足でよくありがちなのが、内側アーチがないからその部分だけ、アーチ補正のサポーターを入れるという考えです。確かに、アーチの部分がなくなってしまうというのは良くないのですが、その部分だけに着目してアプローチするのは危険です。

例えばこちらの足。
偏平足なおかつ、踵の傾きが大きなパターンです。

例えば、この足に対してアーチサポートのみを入れた場合、単純に足が外に傾いてしまいます。いわゆる回外足になってしまうのです。踵の捻じれ、傾きが強いのにそのかかとの部分に対してサポートを加えなければ状態はどんどん悪化します。

こちらの写真をご覧ください。左がフォームソティックス・メディカル、右がもともと患者さんの靴に入っていたインソールです。
踵の部分を後ろから撮影したものですが、これだけヒールカップの深さが違います。市販のインソールはこのヒールカップ部分が薄いことでかかとのサポートがほとんどされていない状態です。これでは内側アーチを高めただけでは踵の部分の安定感は失われてしまいます。

アーチサポートとヒールカップはセットで考えるべきです。
偏平足でアー…

湘南国際マラソン間近!直前の痛みに対応するには!?

イメージ
もうすぐ湘南国際マラソンですね。当院でもランナーの患者さんが増えてきていました。

追い込んで追い込んで、結果痛めてしまっている方も数名…どうしても本番近くなると走りたくなるものです。


しかし!


直前で追い込みすぎても体の負担が上がるばかりでタイムが伸びなくなるのも事実。無理は禁物です。

練習のし過ぎで本番を迎える人も多くいらっしゃいますが、当院ではそのような方に急にインソールを入れて補正することはしません。


なぜか?


当院でお渡ししているフォームソティックス・メディカルは矯正力が強いモデルです。体を正しいポジションへ導いてくれるインソールなのですが、急に体が変化しても無理がかかるのです。

フォームソティックス・メディカルは慣らし期間が必要です。

よって、痛みが出て、すぐに大会に出る場合はあまり向きません。


人間の体のバランスはそうすぐに元には戻らないのです。
でも、痛みがあるからどうすればよいのか?

そんな時に役に立つのがテーピングです。


当院ではKT TAPE PROという世界シェアNo.1キネシオロジーテープと、マイクロファイバーを使用した水分を全く吸収しないキネシオロジーテープのKilotapeを採用しています。

スポーツをする際に汗をかきます。しかし、その汗が原因でテーピングの機能が落ちてしまっては何もならないのです。

スポーツ現場でも、日常生活でも人間は汗をかきます。その汗を吸収しない、しにくいテーピングであれば性能が落ちることはありません。


テーピングは痛みを感じている箇所に貼るのもそうですが、その原因となる筋肉や関節へのアプローチとしても効果的です。


インソールとテーピングの違いは

インソールの役割
・土台となる足部のアーチ、ヒールの正しいポジションへの誘導(強め)
・ソールにクッション性を持たせることにより、衝撃を吸収
・骨格バランスを整えることによって痛みを緩和

テーピングの役割(キネシオロジーテープの場合)
・土台となる足部のアーチ、ヒールの正しいポジションへの誘導(弱め)
・筋肉のサポートをすることにより、負担を軽減 ・皮膚を引っ張り、リンパ液などの流れをよくすることで血液循環を改善
です。

インソールの方がどちらかというと「骨格」に働きかけ、テーピングの場合は筋肉に働きかけることができます。骨格の矯正は履いた瞬間に変わりますが、それにまわりの筋肉…

外反母趾について

イメージ
外反母趾。多くの方が悩んでいるこの症状。これはなぜなってしまうのでしょうか?


一般的には

・靴のサイズが合っていないものを履き続けていたから
・ヒールが高い物を履き続けていたから
・母趾が人差し趾より長いから変形しやすい
・生まれつき扁平足ぎみであったりする
・筋力低下
・肥満

などがよく言われています。
外反母趾でお悩みの方は非常に多いですよね。


結論から言うと、外反母趾に限らずどの足の「変形」も成人になってしまってからは元に戻すことは非常に困難です。

では、外反母趾になってしまった場合はどのような対処ができるのでしょうか?


対処方法
1.テーピングでの補正
2.トレーニング
3.インソール
4.手術


1.テーピングでの補正
外反母趾変形になってしまった場合、まず考えられる対処法としてはテーピングがあげられます。割と軽度なものであればこれは効果的で、痛みの軽減はできる場合が多いです。当院でもKT TAPE PROやKilotapeを使用したアプローチで外反母趾に対して矯正を行うことがあります。ただし、テーピングは貼り続けられたとしても1週間程度まで。皮膚も限界がありますのでテーピングは一時的に痛みを抑える形で行うことが多いです。


2.トレーニング
トレーニングを行い、足の指の筋肉を鍛えるという方法です。足の指に力が入らないため、歩くとき、立つ時に指がうまく使えず外反変形が起こりやすくなります。グーチョキパーを足の指でうまくできない人は外反変形になりやすいです。

足の指がうまく使えない理由としては体重がかかるべきでないところにかかっているから。

トレーニングをしたとしても、体重がかかり続けている限りは変形を食い止めるのは難しいでしょう。


3.インソール
外反母趾変形はインソールでも治すことはできません。しかし、変形が起こっている以上、過度に負担がかかっている部分があるはずです。荷重を正しく分散させ、変形を予防することを目的としてインソールは効果的です。人間の体は正しい位置へ戻そうとするだけでも症状が改善することがあります。

あくまでも「靴を履いている時だけ」にはなりますが、あなたが靴を履いている時に、痛みの悩みがあるのであればインソールは入れたほうが快適に過ごせるのではないでしょうか?

インソールは眼鏡と同じです。履いている時は正しいポジションを保つことができますが、履い…

インソールはどうやって選んでいる?

イメージ
インソールはお店で選ぶ時にどのような基準で選びますか?



・気持ちいい物?
・柔らかい物?
・カッコいい物?
・在庫処分で安かったから?
・人気がある商品だから?
・有名スポーツ選手が使っているから?
・友人に勧められて?
・安いから?

大事な事が抜けているのです。


なぜあなたにそのインソールが必要なのか?

です。

そもそも、なぜそのインソールがあなたに必要で、何のために買うのか。ここが一番重要なのですが、多くの商品が店頭に並んでいるため選びきれずに「なんとなく」で買ってしまうことがほとんどなのです。




さて、足の不具合が起こってしまう理由としては


荷重が各関節に分散されていない


ということ。


あなたの体重が60キロだとして、その体重を立った状態で支えているのはどこですか足の裏ですよね?

様々な筋肉を無視すると、足の骨が土台となり、その上にすねの骨、モモの骨、骨盤、背骨…という風に足の骨の上に乗っている状態です。

その土台となる部分が崩れていたら上はどうなるのか?常に不安定な状態にさらされてしまいます。それが長く続いた状態が「痛み」として出てくるのです。


うまく荷重を分散して「楽に立てる」「力が入る」ということが大切です。



では、インソールはどのようにして選べばよいのか?
ここが一番難しいのです。


スーパーフィート、シダス、ソルボ、バネ、ソフソール。多くのメーカーがある中で当院が選んだのはフォームソティックス。

そんな中で出会ったのがフォームソティックス。

その理由がこちらです。
・海外の足病医が実際に患者に処方しているOrthotics
 (海外における医療用矯正具)
・足病学先進国であるニュージーランドでトップシェア
・世界30カ国で35年間、1000万人以上に処方の実績

正直、まだまだ日本では認知度が低いメーカーですが、ここ1~2年で多くの医療機関で取り入れられ始めています。(2017年11月現在)

多くのインソールを試したあなた、フォームソティックスは試してみましたか?

まだフォームソティックスを試したことがない方はぜひ一度、フィッティングを行ってみてください。


次回は症状についてご説明していきます。

「メディカル」と「スポーツ」モデルの違いって何?

イメージ
フォームソティックスには「メディカル」と「スポーツ」モデルが存在します。

ネット上で見ると見た目が全く同じなので少々困ってしまうのですが…
こちらがスポーツ。よ~く見るとロゴの下にスポーツと書いてあります。
こちらがメディカル。よ~く見るとロゴの下にカスタムメディカルと書いてあります。
正直、「は?同じじゃん?」

と、思いますよね。ええ。写真で見るとほぼ同じです。同じ角度の写真が無かったので申し訳ないのですが…

でも、実際はかなり違うのです。



メディカルとスポーツの違いについては下記のとおりです。
・アーチサポートの高さが違う ・ヒールカップの深さが違う ・フォームの密度が違う
です。
メディカルの方が矯正力が高いハイエンドモデルになります。 これは認定を受けた医療機関のみでの販売となっております。当院は認定院なので販売することができます。
では、なぜメディカルモデルとスポーツモデルで区分けされているのでしょうか? 答えは
「メディカルは矯正力が高いため、使い方を間違えると不具合が起こるから」
です。
え?不具合が起こる、そんな危ない商品なの?と思うかもしれませんが、それは商品の知識について理解しないまま使用することを防ぐため、このような設定になっています。

例えば、家電を買って説明書を読まずに使用したとします。そのうち、使い方がわからずに面倒な商品だな。と、しぶしぶ説明書を読む。

使い方が全然違っていたことありませんか?
または、思いもよらない使い方が書いてありませんでしたか?


そう。インソールはこの部分が非常に重要なのです。
インソールを入れる理由としては「足を良いポジションに持っていくため」ですよね?それはなぜか?「現時点で痛みや違和感を感じているから、それを解決するため」ですよね?

足の関節、骨の形状は非常にデリケートです。キネシオロジーテープでアーチサポートやヒールロックをやったことある方はわかると思いますが、

「テーピングのような薄い素材でも、足の状態は変わる」

という事実です。

では、インソールに置き替えたらどうなるか?

ほんの少しの厚みや形状の違いで効果が全く変わってくるのです。


それを理解するためにも、まずはあなたがこのインソールが必要なのかを知る必要があるのです。

それを私たちがお手伝いする必要がある。=認定院が必要。なのです。

次回はお店でやりがちなイン…

フォームソティックスについて

イメージ
フォームソティックスはニュージーランドで生まれたインソールです。 インソールは世界中で様々なメーカーで販売されていますが、フォームソティックスは特徴的なデザインと製法でできています。

 フォームソティックスの特徴


製法形状サポート熱形成ラインナップ
1.製法

一般的にインソールは貼り合わせて固さや高さを形成します。しかし、フォームソティックスは削り出し製法でできているのです。
発泡体をそのまま削り出すことで、構造を損なわずにサポートすることが可能です。大きな発泡スチロールを削って作るのをイメージしてください。それに近い物です。これには大きな工場、ラインが必要になり、日本で製造するのは困難なようです。

2.形状 世の中には様々な靴があります。フォームソティックスは豊富なラインナップにより、多くの靴にフィットするモデルが用意されています。完全に足形に合わせたインソールではインソールができてからそのインソールが入る靴を探さなくてはなりません。
その点、フォームソティックスはすでに出来上がっているインソールを靴に合わせ、熱形成を加えていきます。そのため、事前にシューズに合わせることができるので安心してシューズ選びができます。

3.サポート 大切なのは足のポジションを正しい位置へ導いてくれること。アーチ形状と、踵のポジションが重要です。
フォームソティックスメディカルは、アーチ・サポート機構によって、中足骨頭の下部で、縦、横、及び斜めの三方向からアーチを支え、あなたの足をニュートラルな位置に安定させます。
また、深いヒール・カップが踵まわりを3次元構造で優しく包み、ショックの吸収をアシスト、着地の衝撃を最小限に抑えます。フォームソティックス自体のクッション性もありますが、それ以上にこの足を正しいポジションに維持することが大切です。

4.熱形成


熱形成を加えることであなたの足にフィットします。 ここで疑問がある方がいらっしゃるかもしれません。
「現時点で外反母趾や偏平足があるのに、矯正しなければならないのに熱形成するというのはどういうことか?」
足のポジションを維持するためには「アーチとヒール」が大切です。熱形成を加えてこの大切な部分が変形してしまっては元も子もありません。フォームソティックスメディカルはアーチサポートとヒールカップ部分は変形しないようになっており、その人の指のポジ…